技術への取り組み 技術の本質追求とビジネスゴール志向の両立 クロックワイズでは環境変化の激しい時代において常に最適な提案や施策遂行いたします。
昨今のマーケティング・オートメーション、O2O、機械学習・ディープラーニング、Fintechの広がりも流行にながされるのではなく、そのコア技術とビジネス潮流の理解に努めます。それは、あなたの事業ミッションや組織にとって重要性の高い目に見えない価値を大切にするために重要なことだと考えております。

複合化・複雑化した新世代の企業IT/IOT課題を解決します。

我々は経営・マネジメント等企業内コミュニケーションを熟知しています。
2016年、変化の時代におけるあなたの会社の課題に対して「絵に書いたモチ」にならない
事業ミッション直結した価値ある仕事をします。

そしてクロックワイズは経営マネジメント・大規模開発、
集客マーケティングからバナー1点の制作からまで、
あなたの要望に迅速に対応可能です。先ずはご相談ください。

今すぐフォームで問い合わせる
「チャレンジ」「本質の追求」「三方良し」
                                                                 我々クロックワイズの理念はこれらの言葉をもって始まります
                                                                 まず顧客視点から当事者として我々を位置づけるように始め、顧客への価値提供の本質を追求していきます。

                                                                 常に時代の流れを俯瞰し
                                                                 長期的な視点からその本質的課題に真っ向から挑む。

                                                                 その精神は、我々が少数精鋭であること、知的「好奇心」が旺盛かつ
                                                                 妥協を許さない集団、曖昧さを排除することに由来します。
                                                                 それは細かく丁寧なヒアリングに始まり
                                                                 過去のデータと蓄積されたノウハウの濃さをもって顧客を満足に導きます。

                                                                 全ては本物志向に近づくために。顧客の「素晴らしい」の一言にために
                                                                 日々切磋琢磨することを怠らず、仕事を最高レベルまで到達させます。

                                                                 そしてその可能性が無限の最大公倍数のように広がりを持つことで
                                                                 顧客に満足と驚きを与え、より社会が豊かになるために挑戦し続けます。
                                                                 
                                                                 クロックワイズ株式会社 / Clockwise,Inc.

                                                                 代表者名	青木 洋
                                                                 事業所在地	〒152-0001 東京都目黒区中央町
                                                                 事業開始	1997年9月
                                                                 法人設立	2006年1月10日
                                                                 事業内容
                                                                 UI/UXデザイン/ユーザビリティテスト・評価サービス
                                                                 デジタルデザイン
                                                                 デジタルコンテンツ制作
                                                                 インターネット広告代理業
                                                                 システム・アプリケーション開発
                                                                 IOT関連デバイス企画・開発
                                                                 コンサルティング業務
                                                                 
                                                                 沿革
                                                                 
                                                                 2011年	事務所移転 東京都目黒区
                                                                 2009年	事務所移転 東京都渋谷区恵比寿南
                                                                 2006年	インターネット広告代理業務開始
                                                                 2006年	事務所移転 東京都渋谷区神南
                                                                 2006年	組織法人化
                                                                 2004年	事務所移転 東京都渋谷区宇田川町
                                                                 1997年	事務所クロックワイズ設立
                                                                 
                                                                 代表のご紹介
                                                                 1973年東京生まれ、松本出身。
                                                                 デザイン会社、コンピューター業界向けコンベンション企画制作・PR代理店を経て20代前半より独立。
                                                                 数多くの企業のWEBサービス・新規事業立ち上げ、オンラインマーケティング、デザイン、企画案件にマネジメント、プロデュース、クリエイターそれぞれの立場を自由に変化させながら仕事をさせて頂いてきました。

                                                                 最近いろんな企業をみていて、開発・デザイン部門がマーケティング部門と同等にイニシアチブをもてる事業運営会社が伸びている様に思えます。マーケが強すぎると感じている開発系部門の方、開発のビジネスコミュニケーション力が足りないと感じている方達など複雑かつ高い視座を求められる課題にたいして、得意の各部門間の調整力・新機軸の構想能力を提供してきいたいと考えています。
                                                                 趣味:旅行、DJ、料理、オーディオなど。